※変更点: Yahoo! JAPAN IDのご利用は6月30日までとなりますのでご注意ください

 

ひよっこでプラッシーが話題になってます!!

でも、プラッシーでなんだろう?

お米屋で売ってる飲み物らしいけど・・・。

調査開始!!

 

 

《スポンサードリンク》

 

 

プラッシーとは?

プラッシー(Plussy)は、ハウスウェルネスフーズ(2006年4月2日までは武田食品工業) が日本で販売しているオレンジ果汁入り飲料。

 

現在の販売者の前身である武田 食品工業の親会社武田薬品工業によって、1958年(昭和33年)に発売されました。その後1981年1月には武田食品工業からの発売に変更された。

 

プラッシーは、お正月とか親戚の 集まりの時しか飲めなかった高級品。 プラッシーは特別な日の飲み物でした

 

米屋か自動販売機でしかプラッシーを見かけることがなかったことから、米屋の飲み物と 言えばプラッシーであり、プラッシーと言えば米屋が思い浮かぶ方も多いはずです。

 

 

当時のプラッシーには、ジュースに似せた食感を演出するためにみかんの絞りかす(みかんパルプ)が混入されており、開栓前によく振って飲む必要がありました。

 

競合商品の増加やびん入り飲料の衰退、自家用車の普及による米の宅配の減少などにより、販売数量も低迷したために1980年代に生産中止となる。

 

しかし、復活を望む声や世間の健康志向から、1998年(平成10年)にリニューアル新発売。今度は米穀店だけに限らず、スーパーマーケットやコンビニエンスストアなどでも販売を行っている。

 

プラッシー名前の由来は?

 

武田食品工業が設立された1958年(昭和33年)当初から、主として米穀店と自動販売機を中心に販売されていた飲料である。

 

みかん果汁入り飲料にビタミンCをプラスしたことから、それに引っ掛けて「プラッシー」と命名された。

 

後年にはオレンジのみならず、トマトやグレープなどのバリエーション展開もしています。

 

プラッシーの都市伝説

 

米穀店で販売されていたため、「米のとぎ汁が使われている」という都市伝説があった。

また、同じパルプという語感から、添加されているみかんパルプが紙パルプであると誤解されることもあった。

 

プラッシーの話題

 

プラッシー感想

ひよっこ本編では、『オイッシー』として登場していましたね。

でも、やっぱり元ネタは『プラッシー』なんでしょうね。

飲んだことはないので飲んでみたいですね

 

 

《スポンサードリンク》