※変更点: Yahoo! JAPAN IDのご利用は6月30日までとなりますのでご注意ください

藤井七段と高見叡王の第32期竜王戦4組ランキング戦が終了しました。

これまでの高見叡王との対戦成績は、非公式戦(AmebaTV早指し戦3局)を含む対局で、3勝1敗と藤井七段が勝っていますが、公式戦ではまだ勝利はありません。

はたして、タイトル保持者である高見叡王相手に、藤井七段はどのような将棋を見せてくれたのでしょうか?

そして、高見叡王に勝利して、決勝戦に進めたのでしょうか?




藤井七段VS高見叡王の第32期竜王戦の対戦成績と棋譜

注目された振り駒の結果は、

先手:藤井七段

後手:高見叡王

となっており、

藤井七段にとっては、2月19日に行われた、第27期銀河戦本戦以来の先手番となっています。

棋譜:1手目~20手目

注目をあつめる中、藤井七段の初手は

1:▲2六歩

対して高見叡王の初手は

2:▽2五歩

ここから注目の一戦が始まりました!!

3:▲7六歩

4:▽3二金

5:▲2五歩

6:▽8五歩

7:▲7七角

8:▽3四歩

9:▲6八銀

10:▽7七角成

選択された戦型は『角換わり腰掛け銀』でした

11:▲7七同銀

12:▽2二銀

13:▲4八銀

14:▽6二銀

15:▲7八金

16:▽3三銀

17:▲3六歩

18:▽6四歩

19:▲6八玉

20:▽6三銀

ここまでの形勢はほぼ互角。

棋譜:21手目~40手目

21:▲9六歩

22:▽9四歩

23:▲9六歩

24:▽4二玉

25:▲4七銀

26:▽1四歩

27:▲1六歩

28:▽7四歩

29:▲3七桂

30:▽7三桂

31:▲4八金

32:▽8一飛

33:▲2九飛

34:▽6二金

35:▲5六銀

36▽5四銀

37:▲6六歩

38:▽4一飛

39:▲4五桂

40:▽2二銀

高見叡王のこの一手はAI判定で『疑問手』判定となりました。
この一手で形勢が藤井七段有利になりました。




棋譜:41手目~60手目

41:▲7五歩

42:▽7五同歩

43:▲2四歩

藤井七段のこの一手はAI判定で『疑問手』判定となりました。
この一手で形勢が互角と戻ります。

44:▽2四同歩

45:▲2四同飛

藤井七段のこの一手はAI判定で『悪手』判定となりました。

この一手で形勢が高見叡王に傾くかと思いましたが…

46:▽6三銀

高見叡王のこの一手が、AI判定で『悪手』判定となりました。
この一手で形勢は互角のままとなりました。

47:▲5五銀

48:▽3三桂

49:▲3三同桂成

藤井七段のこの一手はAI判定で『悪手』判定となりました。

この一手で形勢が高見叡王が指しやすいとなりました。

50:▽3三同銀

51:▲2七飛

ここで少し早めの昼休憩となりました

ここまでの形勢は『ほぼ互角』となっています。

お互いの持ち時間は

藤井七段:4時間19分

高見叡王:4時間19分

となっています。

解説では、

『高見叡王がどう受けるのか?と心配するくらい藤井七段に勢いがありますけど、研究範囲内だと思うので高見叡王の対応に注目です』

と解説がありました。

気になる勝負飯は…

藤井七段:「カレー南蛮うどん(ほそ島や)」

高見叡王:「ヒレカツ定食(ふじもと)」

です。

午後からの対局も気になります

52:▽2五歩

53:▲7四歩

54:▽7四同銀

55:▲2五飛

藤井七段のこの一手を見た高見叡王が長考します

56:▽2四歩

高見叡王は約70分の長考でこの一手を選択しました

57:▲2九飛

58:▽8六歩

59:▲8六同歩

60:▽8八歩

棋譜:61手目~80手目

61:▲9七桂

62:▽8九歩成

63:▲8九同飛

64:▽9五歩

65:▲6四銀

66:▽9六歩

67:▲8五桂打

68:▽8一桂

高見叡王のこの一手に

『千日手もあるかも…』

と視聴者は話題になっていました。

この一手で形勢は徐々に高見叡王に傾いていきます。

69:▲8四角

70:▽7六歩

71:▲7六同銀

この藤井七段の一手で夕休憩となりました。

ここまでの形勢は、若干後手よしではありますが、ほぼ互角となっています。

お互いの持ち時間は

藤井七段:1時間27分

高見叡王:2時間8分

となっています。

気になる将棋めしは…

藤井聡太七段 「玉子チャーハン」(紫金飯店)

高見泰地叡王 「とろろせいろそば」(ほそ島や)

でした。

この後の展開も気になります

72:▽9七歩成

高見叡王の一手は本命視された△7二歩ではなく、△9七歩成の決戦策。

『これは両者怖い展開になりそうな予感…。』

と解説ありました。

高見叡王のこの一手はAI判定で『悪手』判定となりました。

この一手で形勢が藤井七段が指しやすい展開になりました。

73:▲7三桂成

74:▽7三同桂

75:▲7三同銀成

76:▽7二桂

高見叡王のこの一手はAI判定で『悪手』判定となりました。

77:▲6二成銀

78:▽8四桂

79:▲5二金

80:▽3一玉




棋譜:81手目~100手目

81:▲4一金

82:▽2二玉

83:▲6七銀

藤井七段のこの一手はAI判定で『悪手』判定となりました。

この一手で形勢が高見叡王が指しやすい展開になりました。

84:▽8八と

85:▲8八同金

86:▽5五桂

87:▲7七歩

藤井七段のこの一手はAI判定で『悪手』判定となりました。

この一手で形勢が高見叡王が優勢になりました。

88:▽2六角

高見叡王が3分程考えた末にこの一手を指しました。

この局面で上村四段は

『今度は先手玉の右側から。
対して▲3七桂は△同角成▲同金△6七桂成▲同玉△5五桂で後手の攻めが続くか。
現局面は高見叡王が優勢になっており、藤井七段としてはどう粘るかという状況』

と解説していました。

89:▲3七桂

90:▽9九香成

高見叡王が約45分長考したものの△3七角成と踏み込めず、
この一手を選択。

解説では

『踏み込めなかった、この一手が敗因になりそう…』️

と解説がありました。

その解説通この一手はAI判定で『悪手』判定となりました。

91:▲9九同飛

92:▽4七香

93:▲3八金

94:▽6七桂成

95:▲6七同玉

96:▽6五歩

高見叡王のこの一手はAI判定で『悪手』判定となりました。

この一手で一気に藤井七段の優勢になりました。

97:▲4五桂打

藤井七段のこの一手はAI判定で『悪手』判定となりました。

98:▽6六歩

99:▲5八玉

藤井七段のこの一手はAI判定で『悪手』判定となりました。

この一手で形勢は藤井七段の優勢でしたが、互角まで戻りました。

100:▽4四歩

高見叡王のこの一手はAI判定で『悪手』判定となりました。

この一手で再び形勢が藤井七段優勢になりました。

棋譜:101手目~120手目

101:▲3三桂成

102:▽3三同玉

103:▲5二飛

104:▽6七歩成

高見叡王は6分程考えて、すっとした力ない手つきでこの一手を指しました。

この一手に

『▲6七同玉とさせて、△5五桂で打つつもりのようだ』

と解説がありました。

高見叡王のこの一手はAI判定で『疑問手』判定となりました。

ここから形勢は藤井七段へどんどん傾いていきます

105:▲6七同玉

106:▽5五桂

107:▲6八玉

藤井七段は1分使って玉をまっすぐに引く一手を指しました。

この一手に

『△6七銀には▲7九玉で、まだ先手玉はしばらく大丈夫』

と解説がありました。

108:▽7五角

109:▲3五桂

110:▽6七銀

高見叡王のこの一手に

『6七銀は、後手玉が4三~5四のルートで中段に逃げ出す展開になった際には受けにも働きそうだ』

と解説ありました。

111:▲7九玉

112:▽3五歩

113:▲3四銀

藤井七段のこの一手に

『後手の4筋からの逃走を許さない、そんな一手』

と解説がありました。

114:▽3四玉

115:▲3二飛成

116:▽3三桂

117:▲2三金

藤井七段のこの一手に

『素朴な金打ちで後手玉を受けなしに追い込んだ。後手は持ち駒として銀を得たものの、先手玉への有効な攻めは難しそうだ』

と解説あり。

118:▽2二銀

高見叡王も4分程考えた末に、タダの所に銀を打つ鬼手で粘りを見せました。

119:▲2二同龍

藤井七段は時間を使うことなくこの一手を選択

120:▽5七角成




棋譜:121手目~投了

121:▲8九玉

122:▽4三玉

123:▲6五銀

藤井七段がタダの所に銀打ち

124:▽6五同銀

125:▲5二龍

126:▽3四玉

127:▲3二龍

128:▽投了

https://twitter.com/shougibay/status/1121176570717032453?s=20

藤井七段と高見叡王の第32期竜王戦のまとめ

藤井七段が高見叡王に公式戦で初勝利をしました。

これで藤井七段は竜王戦デビューから3連続昇級を決めました。

対局後のコメントで…

藤井聡太七段

『難しい将棋で中盤誤算があり、形勢を損ねてしまいました。』
『65銀辺り~少し指せるかなと思いました。』

『飛車を取った後の後手玉の形が良かったので形勢的には苦しく感じていました。』

高見泰地叡王

『途中良くなったと思ったんですけど、考えているうちに7筋が見えてきちゃって。角を渡すのも危ないかなと思って・・・』

『終盤の踏み込みが足りなかったですね』

『攻め込む手を考えたんですけど、考えすぎてダメで、慎重に行きすぎました。』

とコメントしていました。

やはり解説でも言われていましたが、高見叡王が踏み込みが足りなかった90手目:9九香成が敗着手となりましたね。

そして藤井七段が勝利を確信したのは、123手目:6五銀だとコメントしているので、かなり厳しい対局だったと思います。

最後になりましたが…

藤井七段

デビューから3期連続竜王戦昇級おめでとうございます。

高見叡王

対局お疲れ様でした。

これからも藤井七段を全力で応援していきます!!