※変更点: Yahoo! JAPAN IDのご利用は6月30日までとなりますのでご注意ください

「明日の約束」、回を重ねるごとに恐ろしいと思うのが、ネットの威力ですね。

今の世の中、ニュースでひとたび過激な報道が流れれば、ネット民は「被害者の敵討ち」という名のゆがんだ正義感を振りかざし、加害者を全力で攻撃します。

そして、作中に出てくる「デジタルタトゥー」という言葉も印象的でした。

昨今の世の中のこの狂った流れに恐ろしさを感じています。

 

そして、この『デジタルタトゥー』の意味とは?

 

《スポンサードリンク》

デジタルタトゥーってなに?

デジタルタトゥーとは、

いったんインターネット上で公開された 書き込みや個人情報などが、一度拡散してしまうと、後から消すことが極めて困難で あることを、入れ墨(タトゥー)を後から消すことが困難であることに例えた比喩表現で ある。

とあります。

 

たしかに、ネット社会の近年、軽い気持ち手投稿したことが、あっと言う間に拡散してしまい、社会的地位を脅かすことになってしまいますもんね。

ほんと怖い世の中になりました・・・。

 

デジタルタトゥーの被害は?

デジタルタトゥーの被害というか、どういったものかと言うと・・・

 

・テーマパーク「ユニバーサル・スタジオ・ジャパン」(大阪市此花区)では複数の学生が裸でジェットコースターに乗る迷惑行為

・飲食店では集団の男性客が全裸で席に座った場面の写真を投稿

 

一例ですが、こうした行為は「バカ画像」「バカッター」と呼ばれ、次々に炎上したことは記憶に新しいですね

まさに、デジタルタトゥーで人生台無し「ネットに匿名性はない」といったところでしょうか・・・。

 

 

《スポンサードリンク》

デジタルタトゥーの画像