ここ最近話題の『大人の土ドラ』枠。

ドラマ『さくらの親子丼』もそのひとつ。

毎週土曜日、23:40~24:35の深夜ドラマです。

前回は、『ウツボカズラの夢』、その前は『犯罪症候群』が放送されてドラマファンをわかせましたね。

2017年秋のドラマ『さくらの親子丼』。

このドラマの作中に流れる主題歌がドラマの内容と相まって、とても感動的と今ネットで話題になっています。

 

《スポンサードリンク》

 

『さくらの親子丼』はどんなドラマ?

https://twitter.com/tokaitv_dodra/status/921707642656980993

九十九堂のたまり場が舞台。

いろいろなワケを抱えた人が集まるたまり場。

主人のさくらは何も聞かず、親子丼を無料で提供する。

さくらの親子丼の暖かく、優しい味に食べた人の心はときほぐされていく・・・。

あざみという少女との出会いでさくらの運命は変わっていく。

親と子とは一体何か。深く考えさせてくれるヒューマンストーリー。

 

作中に流れるあの曲は?!

ドラマ『さくらの親子丼』は切なく、感動的なシーンが多いのが見どころのひとつ。

そのシーンを引き立ててくれるのが感動的な挿入曲!

Hilcrhymeさんの『涙の種、幸せの花』です

 

ネット上では主題歌について話題になっています!

https://twitter.com/cream_soda35/status/921761514322763776


Hilcrhymeさんのファンじゃなくても『いい曲だな』『素敵な歌詞だな』と思わせてくれる名曲ですね!!

ドラマの雰囲気ともマッチしていて本当にぴったりの選曲です!

 

《スポンサードリンク》

 

主題歌『涙の種、幸せの花』はどうしてこんなにドラマにマッチしてるの?!

実はHilcrhymeさんが、ドラマ『さくらの親子丼』のために描き下ろした曲なんです!

タイトルの『涙の種、幸せの花』というワードが、さくらの口癖の『涙を落としたぶんだけ、幸せの花が咲くから。』という言葉に似ているな~と思っていましたが、やはりこのドラマのために書かれていたんですね!

この曲には、“あなたはひとりじゃない。僕が君の居場所となろう”という想いが込められているそうです。

 

主演の真矢ミキさんも仕上がった『涙の種、幸せの花』を何度も聞き込んでしまったそう。

そして、

 

『支えてくれる人がいる

そして支えてくれる歌がある

それだけで、また生きようと思える…

また生きたいと思う。Hilcrhymeさんありがとう。』

 

と感動的なメッセージを送ってくださいました!

ドラマのプロデューサー遠山圭介さんも、さくらに伝えて欲しかった全てのことを主題歌『涙の種、幸せの花』にはすべて詰め込まれていると絶賛したそうです!

主題歌『涙の種、幸せの花』の初回限定盤が見逃せない!

主題歌『涙の種、幸せの花』の初回限定盤DVDには、あざみ役の吉本実憂参加出演されてます!もちろん、あざみ役で!

母親に殺されかけ、母親はさくらの息子を殺してしまう。

辛い人生を歩んできたあざみ。

しかし、様々なひとの優しさや温かさに触れてあざみはだんだん変わっていく。

『人生を切り開いていく様を描く』というのがこのミュージックビデオのテーマ。

ドラマの作中でも感動して涙が止まらない『涙の種、幸せの花』。

『さくらの親子丼』ファンも、Hilcrhymeファンも、今回の新曲は見逃せませんね!!

秋の夜長は、『さくらの親子丼』を観て、『涙の種、幸せの花』を聴いて大いに泣きましょう!