※変更点: Yahoo! JAPAN IDのご利用は6月30日までとなりますのでご注意ください

 

新垣結衣さんがヒロインを演じた、映画『ミックス。』から、“ガッキー”こと新垣結衣さんが、な、なんと劇中で披露する、衝撃の7変化をとらえた場面写真が公開されて話題を呼んでいますね。

とくに話題になってるのが、新垣結衣さんのガングロ姿!!

ガングロと言えば、一昔前流行ったメイクですので、最近の子って知ってるのかな???

そんなこんなで、色々と紹介します。

 

《スポンサードリンク》

 

映画『ミックス。』で新垣結衣がガングロに!!

新垣結衣さんが、映画『ミックス。』で新垣結衣がガングロになったと話題になっていますね。

他にもヒロインの学生時代のセーラー服、コギャル、そして社会人になってからのOL服、チアガール、自分自身をプレゼントに見立てた姿、工場勤めの格好とバラエティー豊かな写真が紹介されていました。

 

それがこの画像たち

 

どの新垣結衣さんのもともとの可愛さと、え?って言う意外性が組み合わさった、破壊力抜群の写真ですね。

 

でも、かつて流行したガングロギャルになった、新垣結衣さんの姿は、普段のイメージとは異なり強烈なインパクトがありますね。

それぞれの衣装が、映画のどのような場面で登場するのか楽しみですね!!

 

《スポンサードリンク》

 

ガングロギャルって知ってる??

そもそもガングロギャルってしってますか?

ガングロギャルは、1990年代の日本のコギャル文化から発展した新たなファッションスタイルで現在も続いており、このスタイルを取り入れているのは殆どが若い女性たちである。

ガングロの名称は、「ガンガン黒い」の略称(顔面が黒い→顔黒→ガングロという説もある)で、顔を真っ黒に日焼けさせることが由来と言われる。

通常は日焼けサロンで焼いたり、極度に濃いファンデーションを塗ったりして黒く見せてたギャルです。
こんな感じ
で、間違ないで欲しいのが、ガングロメイクとヤマンバメイク!!

ヤマンバメイクって?

ガングロから発展したメイクスタイルの事で、ヤマンバとマンバの2種類あります。

(特に知られているのは2004年のマンバである)

ヤマンバとマンバの見分け方はむずかしくないく、ヤマンバは眼のうえだけを白くするが、マンバは眼のしたをふくめて白塗りするメイクの塗り方をします

 

ヤマンバメイク


マンバメイクはこんな感じ。

 

「ヤマンバ」という名称は、彼女達が渋谷センター街(宇田川町)に住んでいるわけではなく、周辺の山の手地域(松濤など)に居住していることを揶揄したものであるそうです。(「山」の手エリアに住んでいる女性→山姥→ヤマンバ)。
今回の新垣結衣さんのは、ガングロギャルっていうよりは、ヤマンバメイクに近いかなって思っちゃいました。

 

映画『ミックス。』ってどんな映画?

『ミックス。』は、テレビドラマ「リーガルハイ」の脚本家・古沢良太と石川淳一監督がタッグを組んだロマンチックコメディー。新垣&瑛太のほか広末涼子、遠藤憲一、田中美佐子、佐野勇斗、瀬戸康史、永野芽郁、蒼井優、真木よう子らが出演する。(編集部・小山美咲)
こんなCMがやってるそうです

映画『ミックス。』のあらすじ

新垣が本作で演じるのは、幼いころには天才卓球少女として名をはせた多満子。

恋愛と仕事に挫折して帰郷した多満子は、亡き母ののこした卓球クラブの再建と失恋相手とその恋人ペアの打倒を目標に、元プロボクサーの萩原(瑛太)と組み男女の混合ダブルスで全日本卓球選手権を目指す。

ちなみに、7変化の一つである多満子自ら恋人宛てのプレゼントになりきった1枚は、この後に浮気現場に遭遇するという裏が……。

映画『ミックス。』の予告動画

<iframe width=”560″ height=”315″ src=”https://www.youtube.com/embed/oEMqDA_BRVM” frameborder=”0″ allowfullscreen></iframe>

 

新垣結衣さん、ガングロのまとめ

やっぱり、新垣結衣さんぐらい可愛いと、このガングロギャルのメイクも似合いますよね

・・・すみません。

ウソつきました!!

新垣結衣さんでも、このメイクはなしですよ。

新垣結衣さんの良い所が全部消えてる感じがします!!!

 

でも、この映画はたのしみですね

 

《スポンサードリンク》

 

おすすめ記事