10月17日火曜日からスタートする話題の火曜ドラマ『明日の約束』。

ドラマ『明日の約束』の放送日が近づき、あらすじ、キャストの全貌が明らかに!

ドラマ『明日の約束』の、あらすじ、キャスト、原作について紹介していきます!

 

《スポンサードリンク》

 

ドラマ『明日の約束』の気になるあらすじは?

藍沢日向(井上真央)は、悩みを抱える生徒の心のケアに生活を捧げる高校のスクールカウンセラー。

毒親である母親とのいびつな関係があったからこそ異変に気づくことが出来て、生徒に寄り添うことができる。

 

一生懸命働く日向に、ある男子生徒が、

『日向先生のことが好きです・・・。』と告白する。

しかし、その翌日彼は不可解な死を遂げる。

彼が亡くなってから、彼を殺した犯人探しが始まる。

 

学校での陰湿ないじめ、

毒親である母親の過干渉、不穏な交友関係・・・。

探り始めると、彼の抱えていた闇が次々に浮き彫りとなってくる。

 

それと同時に、日向の身近なところでも様々なトラブルが起きていき、日向の心は追い込まれていく。

しかしそれにあがなうかのように、前向きに立ち向かう日向。

 

そんな彼女に『生きる上で大切なこと』、『親子のカタチ』は導き出せるのだろうか?

今までにない新しいヒューマンミステリードラマが、今秋始まる。

 

『明日の約束』に原作はあるの?

ドラマ『明日の約束』には原作があります。

原作は『モンスターマザー:長野・丸子実業「いじめ殺人事件」教師たちの戦い』というノンフィクションの小説となっています。

 

 

 

実際に、丸子実業という学校を舞台にして起きたいじめ殺人事件を題材とした小説なんです。

いたたまれない事件をノンフィクションで描いた衝撃作です。

それをドラマで取り上げるなんて凄いですよね。

 

《スポンサードリンク》

 

ドラマ『明日の約束』の主演は井上真央!ほかのキャストは?

・井上真央(藍沢日向)

高校のスクールカウンセラー。「親でもない、教師でもない、最後に味方になってあげられる大人」をモットーに日々邁進する。

 

・仲間由紀恵(吉岡真紀子)

不可解な死を遂げる男子生徒・吉岡圭吾(遠藤健慎)の母親。過干渉のいわゆる毒親。

圭吾のために動く日向に対しても、強烈な不信感を抱く。

 

・及川光博(霧島直樹)

吉岡圭吾(遠藤健慎)の担任。生徒や保護者からの信頼もあつく、日向の良き理解者でもある。

 

・工藤阿須加(本庄和彦)

日向の恋人。日向と結婚を考えているブライダル会社のサラリーマン。

複雑な環境で育っており、日向と同じく母親との仲に軋轢がある。

 

・新川優愛(大宮奈緒)

なにかと日向に相談しにくる臨時教員。

 

・白洲迅(北見雄二郎)

2年A組の担任。正義感溢れる教師を目指している。

 

・遠藤健慎(吉岡圭吾)

不登校が続く高校一年生。日向に告白した翌日に、不可解な死を遂げる。

 

・竹内愛紗(吉岡英美里)

吉岡真紀子の娘。

 

・手塚理美(藍沢尚子)

日向の母親。ヒステリックな毒親。

 

・青柳翔(小嶋修平)

週刊誌の記者。

圭吾の死の真相を知るために取材するジャーナリスト。

 

・佐久間由衣(白井香澄)

圭吾の幼馴染。圭吾が通う高校を2年前に中退している。

現在はフリーターで、ダンスサークルに所属している。

中退後も、圭吾とは連絡を取り合っていた。

彼の秘密も知る。圭吾の死の原因を知っているかもしれない人物。

 

ドラマ『明日の約束』の感想

実話をもとにしたストーリーに、井上真央さんや仲間由紀恵さん、及川光博さんなど豪華な演技派俳優が揃ったキャスト。

とっても魅力的ですし、興味もそそられますよね。

目をそらしてはいけない問題である『いじめ』。

今秋はドラマ『明日の約束』を観て、深く考えさせられそうです。

 

初回放送は20分拡大となっています!

初回からしっかり魅せてくれるドラマの予感がしますので、皆さまもどうかお見逃し無く!

 

《スポンサードリンク》

 

おすすめ記事

明日の約束 ドラマ ロケ地や主題歌は?井上真央主演で楽しみ!!

民衆の敵 ドラマ 予告 いつから? 宇野実彩子も出演!!

奥様は、取扱い注意 西島秀俊さん演じる夫・勇輝の正体は?!

カズオイシグロ ドラマ 綾瀬はるか わたしを離さないでが見逃せない