元19・岡平健治 年収が話題になってますね。

99年にNHK紅白歌合戦にも出場した男性デュオ「19」の岡平健治さんが、『バイキング』のインタビューに応じて、当時の年収と、今の年収を暴露してました。

元19・岡平健治さんの年収を紹介します。

 

《スポンサードリンク》

 

元19・岡平健治 年収が凄い!!

 

19と言えば、当時は大人気で、出す曲、出す曲大ヒットで飛ぶ鳥を落とす勢いでしたよね。

なので、年収は物凄いとおもってたのですが、それがある意味物凄かったです。

 

元19・岡平健治さんが当時の年収を『バイキング』で明かした金額は・・・

 

なんと月収10万って事なので、120万だったそうです。

 

え??あんなに売れてて、CDの売り上げも凄いのに何で~~って思いますよね。

その理由がまた凄いんです!!

元19・岡平健治の当時の給料がわずか10万円の理由は?

「あの紙ヒコーキくもり空わって」が大ヒットし、99年には紅白歌合戦にも出場するなど大人気デュオとなったのに、給料がわずか10万円の理由が、

 

「契約がそうなってた。歩合制にするか固定給にするか。ぼく売れると思ってなかった。自分に才能があると全然思ってなくて10万を選んだ」

 

という理由だそうです。

あ~売れると思ってなかったら、目先の10万を選んだら、大人気デュオになっちゃって・・・あれ??って感じだったんですね。

忙しくなって、CD売れて、TV出て頑張っても10万って・・・

しかも、その当時に住んでいたのは家賃1万3000円、風呂なしトイレ共同という物件って。

もう、泣きたくなりますよね。

過去に戻って、歩合を選ぶのだ!!って言って、ぶん殴りたくなりますよね。

 

でも、何とか交渉して、固定給プラス歩合にしてもらったことで「0・5億円入ってきた」みたいなんで、良かったですね。
もっと稼いでいるんで、もっと貰っても良いんでしょうけど・・・。

 

《スポンサードリンク》

 

元19・岡平健治のその後は?

 

19は2002年に「音楽性の違い」で解散していますね。

しかも、そん時解散するにあたり、契約が残った中での解散だったことから、事務所からは「ン十億円」というペナルティ金額を求められたそうです。

「ン十億円」って・・・『音楽性の違い』だけで、そんなペナルティを背負ってまで、なんで解散したかったのって思っちゃいますよね。

契約終了まで我慢してたら良かったのにって思いますよね。

我慢できなかったのかな~~。

 

で、なんで「ン十億円」かと言うと、これは「19が1年間活動して稼ぐであろう金額」だったそうです。

1年で「ン十億円」稼ぐ・・・あれ?

固定給から変えてもって『0.5億』しか貰ってないよね。

 

あれ??

不当な金額で、不当な給料じゃない?

超ブラックやないですか!!!!

 

で、この「ン十億円」の違約金を、「最後のベストアルバムの初動の印税放棄」と、岡平が所属するバンド「3B LAB.☆」の楽曲19カ月間の数%の印税を支払って返済したというから、やっぱりすげ~なって思いますよね。

 

で、現在は音楽活動もしながら、ライブハウス、バー、レストラン、不動産なども経営、ビル5棟を持つ実業家となっており、年収についても「広島カープのクリーンアップを合わせたぐらい」と、4億円近く稼いでいることも明かしていた。

 

あ~なんかもう凄いしか言えませんww

ただ言える事は、最後まであきらめなければ、何とかなるんだなって事ですね。

 

負けずに、諦めずに生きていこう!!!

 

《スポンサードリンク》

 

おすすめ記事

マツコが力士姿に。大銀杏が結えないと引退ってホント?

コウノドリ ドラマ あらすじとキャストを徹底解説!予習はこれで完璧!

さくらの親子丼 ドラマ の原作は? あらすじ、放送時間も紹介

民衆の敵 キャスト今田美桜が登場!!福岡一の美少女の正体とは??

刑事ゆがみ ドラマ  主題歌・ロケ地・漫画など徹底紹介