藤川先生をVTへの恐怖へ落とし込んだクラッシュ症候群ってなに?

あんなに話していたのに、岩を持ち上げた瞬間、VTになり命がヤバい状態になりましたよね。

藤川先生がヤバかったクラッシュ症候群って何なんでしょう?

 

《スポンサードリンク》

 

藤川先生が危険な状態になったクラッシュ症候群は?


挫滅症候群(ざめつしょうこうぐん)とも言われていて、身体の一部が長時間挟まれるなどして圧迫され、その解放後に起こる様々な症候をいう。

重傷であることが見落とされる場合もあり、致死率は比較的高い事がある。

原因および症状

身体の一部、特に四肢が長時間圧迫を受けると、筋肉が損傷を受け、組織の一部が壊死してしまう。

その後、圧迫された状態から解放されると、壊死した筋細胞からカリウム、ミオグロビン、乳酸などが血液中に大量に漏出する。

発症すると意識の混濁、チアノーゼ、失禁などの症状が見られる他、高カリウム血症により心室細動、心停止が引き起こされたり、ミオグロビンにより腎臓の尿細管が壊死し急性腎不全を起こしたりする。

広く知られたのは最近

1995年1月17日の阪神・淡路大震災でがれきの下に埋まった状態から救出された人が数時間経った後に症状が急に悪化し、死亡した例は多数に上る。

これが俗に「クラッシュ症候群」(別名:クラッシュシンドローム・挫滅症候群)と呼ばれるもので、この時はまだ一般に広く認知されておらず、概算の記録ではあるが、少なくとも372人が発症し、そのうち50人が亡くなっている。

これを契機に、日本ではクラッシュ症候群が認知されるようになり、災害医療のあり方も大きく変わった。

 

クラッシュ症候群は、がれきなど重いものに腰や腕、腿(もも)などが長時間挟まれ、その後圧迫から解放されたときに起こる。

筋肉が圧迫されると、筋肉細胞が障害・壊死を起こす。それに伴ってミオグロビン(たん白質)やカリウムといった物質が血中に混じると毒性の高い物質が蓄積される。

 

その後救助される時に圧迫されていた部分が解放されると、血流を通じて毒素が急激に全身へ広がり、心臓の機能を悪化させて死に至る場合が多い。

たとえ一命をとりとめたとしても、その後腎臓にもダメージを受け、腎不全で亡くなってしまう場合もある。

 

歴史的には第2次世界大戦中、ロンドン大空襲を受けてがれきの下敷きとなり、救出された人たちが発症したのが最初の報告例とされている。

最近では2005年のJR福知山線脱線事故で車両に多くの人が挟まれ、病院搬送後に発症し、うち1人が亡くなっている。

 

クラッシュ症候群を疑った方が良い時は?

・2時間以上にわたり腰、腕、腿などが、がれきの下敷き状態であった

・軽度の筋肉痛や手足のしびれ、脱力感などの症状がある

・尿に血が混じり、茶色の尿が出る

・尿の量が減る

など

治療方法は?

現場での応急対応は、点滴による水分補給や乳酸リンゲル液や酢酸リンゲル液を使って血液中の毒素を薄める。

しかし、最終的な治療法は血液をきれいにするため、血液透析・血漿(けっしょう)交換などの血液浄化療法しかない。

救出後はできるだけ早く人工透析することが生きるための近道となる。

 

また、もし身近にそういう場面に出会った時の応急処置として

 

水分補給

クラッシュシンドロームは、血液中の毒素濃度が高くなることで引き起こされるため、水分補給をすることで、血液の水分量を高くする事で、血液中の毒素濃度を薄める事が有効とされています。

圧迫から開放された時に水分量が高いことでクラッシュシンドロームの発症を遅らせることができるそうなので、可能な限り大量の水分摂取(おおむね1リットル以上)を補給してやる事が有効と言われています。

ただし、本人が飲めないと誤嚥による窒息の可能性があるため、無理に飲ますと危険。

 

保温

体温低下による体力の消耗は、助かる確率を下げる。

 

励まし、勇気づけ

一番簡単で誰でも出来ることですが、この励まし、勇気づけは非常に重要な対処法です。

本人が助かるんだという希望を持っている方が生還率は高くなります。

 

状況確認

早期発見・早期治療が最も有効とされているため、一番大事。

確認事項としては、

・圧迫されていた部位

・圧迫されていた時間

・何(ものや重さなど)に圧迫されていたか

を、救急隊員が救助に来てくれたら、確認した内容を伝える

引用:http://www.itscom.net/safety/column/023.html

 

藤川先生の対して反応。

https://twitter.com/kasimalove_33/status/909761631193722881

 

《スポンサードリンク》

 

藤川先生への感想

ほんと藤川先生が助かってよかったです。

もし、足が切断されたり、命を落としてしまったのなら、冴島さんが悲しすぎる!!

恋人を亡くし、流産してその挙句、最愛の夫の藤川先生を亡くしてしまったらと思うと、良く藤川先生助かってくれたと思いまたした。

 

そして、ラストシーンで藤川先生が足を引きずって治療に来たシーンみて、あ、藤川先生戻ってきた!!

良かった~と安堵のため息が出ました。

冴島さん良かったね。