※変更点: Yahoo! JAPAN IDのご利用は6月30日までとなりますのでご注意ください

 

渡米まで考えていた心臓移植。

だか、そんな時、移植出来るチャンスが回ってきた。

もちろん、移植順位は1位。

時間は14:00、返事は1時間後の15:00まで。

 

 

《スポンサードリンク》

 

 

早速、息子に移植出来る事を伝えに行くが・・・

まさかの移植拒否。

 

その答えが意外だった・・。

 

『お父さんが好き』

『お父さんが変わってしまった・・・。』

『お父さんが子供の死亡事故ばかり探している』

『そんなお父さんを見たくない』

『だから、移植拒否・・・。』

 

これには、涙がでました。

 

Twitterでも、様々な声が聴かれます。

そんな父親の心の裏側まで見透かす子供って、、、純粋すぎるのか、親として行き場なくなる言葉だわ…

何も言えなくなる

 

こんなこと子供に言われたらお父さん立ち直れないだろうな

 

切なすぎる・・・。

 

これ、子供に言われたら辛すぎる…。

 

これは橘先生には酷な理由だなぁ…。

大切な息子を救いたいがゆえの思いを息子はそんな風に見てたのね

 

お父さんが好きだから移植しない。

僕が移植しなかったら、元の大好きなお父さんに戻るからって。

優輔くんの想いが、、、。大切な子供から言われたら、言葉に詰まるよね。

彼が病気してから、お父さんの姿は優輔にとって心苦しかったのかもしれない

 

うーん、本当に悲しいですね。

 

我が家にも、移植まではいかないものの、何度も心臓の手術をした子供がいます。

何度も危険を乗り越えてきました。

その時、ずっと苦しそうな顔を今でも思い出します。

 

自分の子供も、あの時そう思っていたのか・・・

どう思っていたのか・・・

考えたらとてもつらいです。

 

なので、今回の話はとてもつらいです。

そして、我が家も苦しむ子供をみて、いっそ楽にさせてあげたらともおもった事はある反面、手術してでも。辛い思いをさせてでも、生きて欲しいって思いました。

 

いまは、生きて苦しい思いをさせている状況。

でも、生きていればこそ、今につながっている。

 

なので、この判断は父親として間違ってないと思います。

誰が何と言おうと、間違っていない。

子供もわかってくれてくれる。

 

苦しい話です。

 

コードブルー3 移植拒否感想

 

皆さん、グッときてるんですね。

 

《スポンサードリンク》